投稿日:

治療のひとつ

腰痛体操などで腹筋や背筋を鍛えるとともに

病気になれば本能と感性だけで自然に対処しています
病気の先行きが不安で

悲鳴の原因は、それを取り除く-ここがう悪化させない大きなポイント:なるでlt心の疲労です。身体と同様に、心も疲れたら休む。これが原則なのです。仕事をしている人は、休むのに勇気がいります。私も数年前に長期休養をとるとき、不安ばかりが先に立ちました。私のような自営業の人だけではありません。

薬をやめてしまうことが抗精神病薬は

サラリーマンでも、何カ月もうつで休むのは勇気がいります。企業のメンタルケアは少しずつ充実しているものの、多くの企業はうつに対して寛容ではありません。2年も3年も入院、休養ということは、あまり多くないですし、長い人生を考えれば、3カ月の休養はその後の人生に大きくプラスになるはずです。かつて私が1カ月の休みをとるとき、ある人がこう言って背中を押してくれました。「人生85年と考えると、1%なんだよ」-と。

老化の関係が注目されるようになったのは

ひとつは調査の対象となった女性たちのもともとの健康度について。1万6000人の女性のうち、肥満女性が全体の34%。平均のBMI(体格指数1肥満を測る指数の一つ)が28.5です。身長157mで702㎏の第一肥満もしくはそれ以上の人たちがかなり含まれています。小山嵩夫クリニックの小山院長は「日本の女性の標準からみると、正常の女性を対象としているとは考えにくい。当クリニックではBMIが28。

老化が進むことになり

5以上の患者さんの割合は3%未満です。肥満は乳ガンと心臓疾患の重要な危険因子というのは医学のと、調査対象とされた女性たちはもともと乳ガンや心臓疾患のリスクが相当高かった点を指摘していますまた、喫煙経験あり(過去及び現在)の人が50%、血栓症の予防のために小児用バファリンを飲んでいる人が20%、それにスタチン製剤(メバロチンなど)を飲んでいる人が7%という具合に、リスクファクターを持った人が多く含まれている事実も見逃すわけにはいきません。もうひとつは「脳卒中の危険性が41%、乳ガンの発症率が26%増加」という記事の書き方について。1万人のうち4割の人が脳卒中に、4人にひとりが乳ガンにかかると勘違いしかねません。脳卒中の41%の意味するものとは、論文をみると平均63歳の女性1万人を-·年間観察してみると、脳卒中で倒れる人が21例あり、一方HRTを受けている女性は29例双方を比べるとHRT受診者のほうが8例、多かったということです。

老化とはこのうち退行期のことをいう成熟という三人間も含めて
健康は自分で守っていかなければならない時代です

ストレスが重なると発病することがありますただし

胎児のときに投薬を受けたそれは、テロメラーゼという酵素の働きがあるためだとわかったのであるこの酵素は大部分の体細胞にはないが、生殖細胞には存在する。また、造血細胞のように細胞分裂が盛んな細胞にも、弱いけれどテロメラーゼの働きがある。線維芽細胞のようにテロメラーゼの働きを持たず、寿命に限りがある細胞にテロメラーゼの働きを持たせると、寿命が延長されることもわかってきたがん細胞でのテロメラーゼの働きを抑える方法が開発されれば、がんを治すことができる。また、普通の細胞にテロメラーゼの働きを持たせることができたら、細胞は死ぬことがなくなる。そういった望みが出てきてこれらの研究が現在、バイオ·ベンチャー企業や製薬会社によって盛んに進められている。

治療期間の長短は

一九九八年一月には、アメリカのバイオ·ベンチャー企業のジェロン社が、遺伝子操作によってテロメアを長くし、ヒトの細胞の寿命を何倍にも延ばすことに成功したと発表した。同社はテロメラーゼの働きを抑えることにも成功していところで、細胞の死に関係する物質や遺伝子はほかにも発見されているその一つにフィブロクチンという蛋白質がある。細胞分裂の回数が多い老化した細胞ほど、このフィブロクチンをたくさん持っており、細胞分裂が少ない若い細胞には少ないことがわかっている。ブロクチンが増えると細胞が分裂できなくなるのではないか、と推測されているこのことから、テロメアの構造や機能に関わる蛋白質について研究を行なっており、本書の監修をお願いした、東京理科大学生命科学研究所の内海文彰助手(医学博士、薬学博士)によると、細胞の複製(分裂)に関係しているものには、テロメア以外にいくつかの因子があるという。「染色体の末端にあるテロメアの複製がうまくいかないことには、さまざまな因子が関係しています。